借地権も相続できる

日本というのは世界屈指の税金大国であり、近年は政治家の悪政によってどんどん増税され、国民の生活はかなり苦しくなっています。増税されたのは消費税だけではなく、相続税も同様なのですが、この相続に関しては、とても厄介なことが多いと言えるでしょう。通常遺産相続と言えば、銀行に預けてあった現金や家などの資産を指すのが一般的なのですが、実はそれだけではなく、借地権も相続するようになるのです。また、相続するかどうかは相続人次第になります。

親によっては借金を残して亡くなってしまうこともあるので、このような場合に親の遺産を引き継いでしまうと、借金も返済しなければいけなくなってしまうのです。そのため、遺産相続を拒否することもできるようになっているのですが、もし相続を行った場合には、権利も一緒に相続しなければいけません。そのため、借地権も一緒に相続することになるのです。逆に相続を放棄した場合には、当然借地権も相続されることはないのですが、この点が厄介になります。

しかも相続をした場合には、借地権に関しても税金が課せられるというとんでもない世の中になっているのですが、相続税に関しては、当然一般の人では理解できません。よって税理士に相談をするようになるのですが、借地権のことに関しては、税理士では専門外となってしまうため、不動産鑑定士などに相談するようになるでしょう。当サイトでは借地権の中でも相続に関することを中心にいろいろと解説させていただきます。